【付随資料(蘭学者等)】相川 景見

文化 八 年~明 治 八年。
登 之 助 ・彦 之 進 。定 泰 。 柏 園 ・山 の 井 江 戸 後 期 の 国 学 者 。歌 人 。 幕 臣 。 文 化 八 年 西 丸 御 徒 に 召 し 抱 え ら れ 、 文 久 二 年 譜 代 の 家 格 に 列 し た 。 同 三 年 に は 、 御 徒 組 頭 と な っ た 。 文 武 に 通 じ て い た が 、 香 川 景 樹 に 入 門 し 歌 学 を 修 め 、 上 野 官 に 和 歌 を 教 授 し た 。 『武 蔵 野 集 』 (二 編 ) や 『大 江 戸 倭 歌 集 』 に 、 そ の 詠 歌 が 採 ら れ て い る 。 ま た 、 家 集 若 干 を 遺 し た が 、 江 戸 か ら 京 都 ま で の 紀 行 文 船『 路 の 日 記 」 な ど も 著 わ し た 。 明 治 元 年 、 願 い の 通 り 隠 居 を 許 さ れ 、 同 八 年 二 月 十 七 日 没 。 享 年 六 十 五 歳 。 墓 は 谷 中 瑞 林 院 塔 頭 正 行 院 に あ る 。 『柏 園 家 集 』 (写 )、 『柏 園 雑 記 』 (写 )、 『柏 園 千 首 』 (写 )、 『船 路 の 日 記 』 (写 )。 〔参 考 文 献 〕 『名 家 伝 記 資 料 集 成 』 第 一 巻 。