大橋 申廣(おおはし しんこう)

大橋申広の表記もある。明治26年頃、アフリカ・セ—シェル島に移住。のち現地で写真師となり、写真業と時計修繕業を行った。大正14年、死去。

生年/出身: 1851 京都(宮津)

開業年: (明治26年以降)

開業地、主要拠点: 海外(アフリカ・セーシェル諸島)

師匠:

弟子: