【古写真の調査後売却】鍋島直縄ほか司法大臣関係者

【鍋島直縄ほか司法大臣関係者】古写真◆林頼三郎子爵

◆鍋島 直縄
日本の政治家、実業家、華族。1889年に鍋島直大の四男[1](二男とも)として生まれ、1897年に子爵鍋島直彬の養子となる。1908年に東京府立第一中学校(旧制。現・東京都立日比谷高等学校)を卒業し東京外国語学校の独逸語本科に入学。1911年に同校を卒業するとドイツ帝国に留学した。ベルリンを経てドレスデンに移り、1912年10月6日にザクセン王立ターラント林科大学(ドイツ語版)(現・ ドレスデン工科大学)の林学科に入学した。林学や植物学を学んで1914年3月に修了証書を受け取り、続いてミュンヘン大学の林学科で研究を行なっている。日独戦争開戦前の同年8月12日にロンドンに移り、数か月間滞在した後にアメリカを経て12月24日に帰国した。佐賀百六銀行の頭取を務めた。また、1915年に養父・直彬が亡くなると子爵になり、1925年に貴族院議員に選ばれている。1929年に司法大臣秘書官となり、1931年に発足した第2次若槻内閣から犬養内閣で海軍参与官、1936年の廣田内閣から林内閣では内務政務次官を務めた。1937年には貴族院慰問団として定州に派遣されている。1939年4月29日に東京府渋谷区代々木上原の自宅で黄疸のため亡くなり、長男の鍋島直紹が家督を継いだ。

◆林頼三郎
日本の刑法法学者。検事総長・大審院院長・司法大臣を歴任した。現在の埼玉県行田市出身。父は忍藩の御典医だったが、製粉業に失敗し、貧しい生活を強いられた。忍高等小学校在学中、父が病気となり、途中、北埼玉郡役所給仕となる。家計を助ける傍ら、出勤前早朝に恩師の自宅で英語を学ぶ努力家であり、16歳のときにその人物を見込まれ、政治家で北埼玉郡長林有章の養子となる。同年、弁護士書生をしながら、東京法学院(中央大学の前身)に進学、法学博士の学位を得、法曹界に重きをなした。検事となり「思想検事」系列に連なる。法曹会の会員で、1919年(大正8年)、三・一独立運動に関する平沼騏一郎検事総長宛の視察調査報告では、「思想犯の社会からの隔離」を提言。これは後の1941年(昭和16年)の新治安維持法において、行刑や思想犯保護観察法も絡め、予防拘禁として盛り込まれた。また司法次官時代には、小山松吉検事総長らと、実際の治安維持法が初めて適用された京都学連事件にも関わった。一方、母校の中央大学、横浜専門学校(現在の神奈川大学)などで教育振興にも尽力し、故郷の行田市水城公園には顕彰碑が建立されている。ちなみに、中央大学法学部出身の俳優丹波哲郎は親戚にあたり、丹波自身、「仙台二校(ママ)を3度受けても入らない。中央大学に入ったのも、総長の林頼三郎が親戚だったので、入れていただいた」と後年語っている。1958年(昭和33年)には行田市の初代名誉市民に推挙された。

◆泉二 新熊
日本の裁判官、官僚、刑法学者。奄美大島出身。東京帝国大学卒業後、司法省に入り、1915年(大正4年)大審院判事、1936年(昭和11年)検事総長、1938年(昭和13年)大審院長となる。退官後、枢密顧問官、その間、刑法学者として折衷的客観主義の立場から刑事司法の解釈・実務論を展開、「泉二刑法」と称された。東京帝大教授であった牧野英一と並ぶ戦前を代表する刑法学者である。いわゆる「方法の錯誤」について、法定的符合説(抽象的法定符合説)を採った大正六年大審院連合部判決に関与した。旧刑法には方法の錯誤の場合に故意犯の成立を認める誤殺傷罪があったが、現行刑法ではそれが削除された。 その立案関係者が関与した前年の大審院判決は具体的符合説を判示していたところ、判例変更したものである。 以降、最高裁も法定的符合説をとり、現在も判例の立場となっている。

◆和仁 貞吉
日本の判事(大審院長)、検事。東京府出身。1894年(明治27年)に東京帝国大学法科大学英法科を卒業し、司法官試補となる。1896年(明治29年)、浦和地方裁判所判事となり、東京区裁判所判事、東京地方裁判所部長、東京控訴院判事、東京控訴院部長、大審院判事、京都地方裁判所所長、大阪地方裁判所所長を歴任。その間の1920年(大正9年)4月には法学博士号を取得している。同年7月より検事となり、長崎控訴院検事長、大阪控訴院検事長、東京控訴院検事長を歴任した。1924年(大正13年)、判事として東京控訴院院長に任命された。1931年(昭和6年)には大審院長に就任した。

◆川崎克
日本の政治家。長男に経済学博士の川崎勉、次男に元厚生大臣の川崎秀二がいる。元厚生労働大臣の川崎二郎は孫にあたる。三重県伊賀上野(現・伊賀市)出身。生家は油屋である。1898年(明治31年)に、政治家を志して同じ郷土三重県出身の尾崎行雄を頼って上京した。日本法律学校(現在の日本大学)で法律を学び、東京外語学校(現在の東京外国語大学)でフランス語を学んだ。1903年(明治36年)に東京市長であった尾崎の下で東京市の書記を務めた後、日本新聞社記者となり日本の統治下であった朝鮮半島に渡り元山時事新報の記者、元山民団の団長を務める。1915年(大正4年)第12回衆議院議員総選挙で中正会から立候補して初当選をする。以来第21回衆議院議員総選挙まで連続10回当選(第14回衆議院議員総選挙は落選したが繰り上げ当選)。中正会→憲政会→立憲民政党に所属し、陸軍参与官、逓信参与官、司法政務次官、立憲民政党総務・政調会長を歴任した。尾崎、浜田国松と並ぶ、三重県の大物政治家として門閥政治、昭和の軍国主義に真っ向から立ち向かい、明治憲法下の議会政治を守ろうとした。尾崎と共に憲政擁護運動、大正デモクラシーによる普通選挙の実現に尽力。1941年(昭和16年)1月25日の衆議院予算委員会では、伊藤博文の憲法義解と明治天皇が在廷の臣僚と議員に賜うた勅語を援用して、大政翼賛会は法律上の根拠を欠き立憲政治に反すること、翼賛会の機構が国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)と共産ロシアの混血児的出現であることを指摘して新体制運動を進める近衛文麿首相を批判し、大政翼賛会の予算削減を唱え、翼賛議員同盟(1941年9月2日結成の政府与党)に対抗して鳩山一郎らと同交会を結成し、翼賛選挙に際しては非推薦で当選する。戦後不本意ながらもGHQにより公職追放の対象者とされ、子の秀二が後継者となった。1949年(昭和24年)2月3日に、70歳にて没。郷里の伝統文化の顕彰にも尽力し、伊賀上野城を私財を投じて再建した。1942年(昭和17年)には松尾芭蕉の生誕300年を記念し、同じく私財を投じて俳聖殿を建立した。

◆牧野菊之助
日本の判事(大審院長)。帝国弁護士会名誉会員。東京府出身。1891年(明治24年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、司法官試補となる。1893年(明治26年)、前橋区裁判所判事となり、東京地方裁判所判事、東京控訴院判事、東京控訴院部長、大審院判事、京都地方裁判所所長、東京地方裁判所所長を歴任。1918年(大正7年)には法学博士号を取得している。1920年(大正9年)には名古屋控訴院院長となり、さらに東京控訴院長、大審院部長を歴任した。1927年(昭和2年)に大審院長に就任した。その他、中京法律学校校長や潤徳高等女学校校長を務めた。

◆渡邊千冬
明治期の政治家、実業家。書家としての号は「無劔(むけん)」。筑摩県筑摩郡松本(現・長野県松本市)生まれ。子爵渡辺国武の養子で、実父は帝室林野局長官や宮内大臣などを歴任した伯爵渡辺千秋(国武の兄)。幼少時は慶應義塾などで学び、帝国大学法科大学(のちの東京帝国大学法学部)卒業。日本興業銀行を経て、日本製鋼所に入り取締役。1908年(明治41年)長野から衆議院議員に当選。1920年(大正9年)、襲爵後、貴族院議員となり研究会に所属、浜口内閣、第2次若槻内閣にて司法大臣を務める。大阪毎日新聞社取締役、1939年(昭和14年)枢密顧問官となり、他に関東國粹会総裁となる。書家としては隷書に優れ、将棋駒に「無劔」という書体のものがある。子に渡辺武、渡辺慧がいる。

◆小山松吉
日本の法学者、司法官僚、政治家。学位は法学博士。検事総長、司法大臣、貴族院勅選議員、法政大学総長を歴任。茨城県出身者では初の国務大臣である。水戸藩士の家庭に生まれる。旧姓は高瀬。獨逸学協会学校(現在の獨協大学)専修科を卒業し、法曹会雑誌編集委員、大審院検事などを経て1924年(大正13年)に検事総長となり、1932年(昭和7年)に司法大臣に就任するまでの8年間これを勤めた。司法大臣退任を目前に控えた1934年(昭和9年)7月3日には貴族院勅選議員に勅任され、これを貴族院廃止までつとめている。また同じ年には小山の収賄行為を証言した者が逆に偽証罪で有罪となったいわゆる「お鯉事件」が起きている。小山は初期の社会主義運動取締りの指揮にあたった。東京控訴院検事時代には捜査主任として小原直や武富済らと大逆事件の第一線に立ち、大規模テロ事件の全貌解明と再発防止に貢献した。ただし幇助犯の幸徳秋水についてはこれを担当していない。大逆事件の公判時には担当検事として社会主義者の多くから憎しみを買い、自宅に硫酸の入った瓶を投げつけられるに至って警官に門前を警備させざるを得なくなっている。検事総長在職中に起きた京都学連事件では、林頼三郎司法次官、各控訴院検事長、各府県特別高等警察(特高)課長らと協議した上で、私有財産制度の否認を理由とした治安維持法の初めての適用に関わった。また特高に対しては拷問を禁止する一般的指示権を発動、それ以後は特高による拷問が激減した。司法官として小山は、無差別テロ・軍事クーデター・高官汚職のいずれに対しても厳しい姿勢をとった。人脈的には平沼騏一郎 – 鈴木喜三郎 – 小山と連なりさらに塩野季彦へと続く、いわゆる思想検事系列を形成立していったとみられている。司法大臣のときは中国との戦争に反対、このことから荒木貞夫陸軍大臣と対立した時期があった。この時期に神兵隊事件の公判を指揮している。帝人事件では特に捜査を止めなかった。1934年(昭和9年)には急死した水町袈裟六に替わり法政大学総長に就任、野上豊一郎と森田草平の対立に端を発した学内紛争(いわゆる法政騒動)を収拾した。この頃には荒木陸相との関係を修復して学内に招聘している。法政大学総長として東京六大学野球を熱心に支援したのも小山である。1936年(昭和11年)にはやはり急死した獨逸学協会中学校の司馬亨太郎に替わって校長に就任し、1946年1月まで務めた。

◆豊島直通
日本の司法官僚。判事。検事。法学博士[2]。東京府出身。1895年(明治28年)、東京帝国大学法科大学を卒業。司法官試補、東京地方裁判所検事・東京控訴院検事、司法省参事官、同法務局長、同刑事局長、東京控訴院検事長を歴任した。1923年(大正12年)、判事に転じ大審院部長となった。在職のまま死去した。

◆三木猪太郎
1870-1934 明治-昭和時代前期の司法官。明治3年6月29日生まれ。宮城,広島,名古屋の控訴院検事長をへて,大正13年東京控訴院検事長となった。昭和9年1月7日死去。65歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。帝国大学卒。

◆長島 毅
日本の裁判官。大審院長を務めた。横浜区生まれ。東京府尋常中学、一高を経て、1906年7月、東京帝国大学法科大学独法科卒業。同年、横浜正金銀行入行。1911年2月、司法官試補。1913年、東京地方裁判所・横浜地方裁判所判事。1916年、司法省参事官。1921年、東京地裁検事。1927年4月、大審院検事、同年12月、司法省民事局長。1933年札幌、1934年、広島両控訴院長。1935年、司法次官。1937年、大阪控訴院長。1940年、大審院部長。1941年、大審院長就任。1943年7月に法律新報に「戦争と法律」という題で「何でもかんでも勝たねばならない。我が国の人と物と力はこの目標に向かって進まねばならない。人と心と力の結集は法律を戦争の目的へと追い込みつつある。人と心と物の動きに立ち遅れた法律はただ屑籠に捨てられて顧みられない反古紙でしかありえない。法律は中心を失ってはならないが、この方向に向かって急転回して進まなければならない」旨の論文を掲載した。1944年2月に東條演説事件に絡んで細野長良広島控訴院院長が東條英機内閣総理大臣に送った抗議文の写しを手渡されたが、黙って机の中に入れただけだった。戦後、公職追放となり、追放中の1948年死去。

◆田尻隣造
位階・勲等・功級 正五位、勳四等爵位・身分・家柄 長野縣在籍職業 朝鮮總督府判事、大邱覆審法院部長生年月日 明治十一年六月 (1878)家族 繼母 ふち 安政三、六生、長野、櫻井春治郞姉妻 よし 明一九、一〇生、長野、遠藤榮左衞門孫男 隣人 明三七、七生君は長野縣人田尻與三郞の弟にして明治十一年六月を以て生る同三十三年東京法學院を卒業し判檢事登用試驗に合格同三十八年判事に任じ久留米福岡甘木飯塚各區裁判所判事を經て大正三年朝鮮總督府判事に轉じ釜山地方法院判事咸興全州各地方法院部長を補し同十三年現職大邱覆審法院部長に補せらる家族は尚三男信人(明四二、七生)長女政子(大三、三生)二女朝子(同七、五生)四男輝人(同一三、六生)の外兄與三郞(明七、九生、現戸主)及其子女妹素女(同三三、六生)あり。弟與市郞(同二〇、一一生)は其妻かく(同二二、一一生、長野、齋藤作之丞二女)及其子女を伴ひ分家し妹初(同三五、一一生)は長野縣人田野智勇二男信に姪玉江(同三三、二生、兄與三郞長女)は同縣人佐藤由虎に嫁し同千代(同三五、一一生、同二女)は同縣人畔上芳治の養子となれり住所 朝鮮、大邱覆審法院官舍

◆井本常作
日本の弁護士、政治家・衆議院議員(立憲民政党)。司法参与官。群馬県多野郡神流村(現在の藤岡市)出身。井本孫市の二男。1902年(明治35年)、明治法律学校(現在の明治大学)を卒業。判事検事登用試験に合格し、司法官試補となった。官を辞して卜部喜太郎の事務所に入り、在野法曹界の人となって実務の練習に努めた。1908年(明治41年)、弁護士を開業した。1924年(大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。3回連続当選を果たし、濱口内閣で司法参与官を務めた。その他には日本印刷、帝国電気工業各監査役、日東印刷取締役、東洋女子歯科医学専門学校理事、東京大勢新聞社長、第一東京弁護士会副会長、同会長などを務めた。1948年(昭和23年)、群馬県知事選挙に日本社会党から立候補したが、落選した。田中四郎左衛門の債務整理のために日比谷松本楼上で債権者と会議していた際、数名の暴漢に襲われて乱打を受け、昏倒した事があった。また、友人の三木武吉が憲政会の幹事長だったことで、誘われて選挙に出馬した。井本の人柄は『日本弁護士総覧 第2巻』には「資性剛健にして不抜、然も亦淡泊にして細事に拘泥せず、蓋し大丈夫の概あるもの」とある。趣味は読書。宗教は禅宗。住所は東京都文京区湯島天神町。

◆立石種一
位階・勲等・功級 從五位、勳五等爵位・身分・家柄 佐賀縣士族職業 判事、京都區裁判所判事兼京都地方裁判所判事、京都區裁判所監督生年月日 明治十二年三月 (1879)親名・続柄 立石彌八の長男家族 父 彌八 嘉永六、一生、現戸主妻 すゑの 明一八、一生、福井、淺川隆妹男 龍彦 大六、五生女 芳枝 明四三、一〇生養子 千代 明四〇、五生、東京、大竹信藏長女記述部分 君は佐賀縣士族立石彌八の長男にして明治十二年三月を以て生る同四十一年東京帝國大學法科大學獨法科を卒業し同四十三年判事に任じ長野區同地方那覇區同地方各裁判所判事を經て朝鮮總督府判事に轉じ平壤地方法院鎭南浦支廳平壤地方法院各判事朝鮮總督府事務官に補し再び判事に任じ大阪區同地方各裁判所判事大阪控訴院判事大津地方裁判所部長を經て大正十五年前記現職に轉ず。家族は尚弟今朝雄(明三二、一一生)あり 妹シツ(同一七、一生)は佐賀縣士族高園善太郞弟竹一に同ツヤ(同二〇、八生)は福岡縣人高倉三吾養子周藏に嫁し同ユキ(同二九、二生)は佐賀縣人山下内藏右衞門に同斐子(同三六、八生)は同縣士族高園善太郞弟竹一に各養子となれり

◆田中右橘
正三位勲二等. 明治8、鹿児島士族・末田景春二男、田中太郎太の養子. 東京帝大英法科卒. 大審院判事、東京控訴院長. 妻・ちよ. 明治18、宮城県、橋本信次郎妹。田中右橘(たなか うきつ)先生は、法曹界の偉材と呼ばれた元裁判官です。明治8(1875)年に鹿児島県で生まれ、旧制鹿児島中学校、旧制第五高等学校を経て、明治35(1901)年に東京帝国大学法学部を卒業。司法官試補として京都地方裁判所に奉職しました。大正9(1920)年に奈良地方裁判所長に補任され、その後は大審院判事、仙台、広島、大阪、東京の各控訴院長を歴任。ジュネーブにおける万国手形法に関する国際会議では全権として出席。昭和10(1935)年に正三位勲二等の栄に浴しました。

◆他判事弁護士など司法関係者
松井和義河辺久雄遠藤正規野村熊太郎奈良武一小野寺彦河田榮左右中島奨犬丸巌渡邊彦士坂野千里(東京高等裁判所長官代行・元東京控訴院院長)薄井大介片山通夫菅波鶴雄野村調太郎黒瀬善治井上敏夫箕浦清佐々木良一 秘書課長讃井健 台北大野幸雄 名古屋越尾鎮男 平壌小島喜一郎中川兼雄松村鉄男星子廣記中野謙五齊藤直一瀬古件逸郎小林定雄