宮崎 有斐(みやざき ゆうひ)

別名は宮崎雄飛。1870年代に東京で開業している。
宮崎有成という儒者の子孫と思われるが不詳。
宮崎家は代々伊勢崎藩の御用商人であったとも伝わる。
宮崎有成の三男・宮崎有敬は佐位郡采女村伊与久(現 伊勢崎市境)出身で、群馬県令などを歴任した人物。
明治40年に建碑された「宮崎有敬翁紀功之碑」に、有志者として宮崎有斐の名前が残っている。

生年/出身: 群馬(佐波郡)

開業年: (1870年代)

開業地、主要拠点: 東京(愛宕下)

師匠:

弟子: