市川 正康(いちかわ まさやす)

父は豊橋藩士で、明治に入ると開墾製茶業に従事していた。 父の開墾製茶業を助ける一方で写真術を学ぶ。 明治 20 年、豊橋で開業。 明治 23 年、浜松へ移転。 明治 34 年、大津へ移転。 大正 4 年、滋賀県写真組合を創立し、組合長となる。

生年/出身: 1868 愛知(豊橋)

開業年: 1887

開業地、主要拠点: 愛知(豊橋)、静岡(浜松)、滋賀(大津)

師匠:

弟子: