江崎 清(えざき きよし)

江崎礼二の長男。 明治 31 年、営業写真の技術を習得するために米国に渡る。 帰国後、浅草で開業し、関東大震災後は銀座に写場を移転。 大正 12 年、東京写真師協会創立、理事長。 大正 15 年、全日本写真師会会長。日本写真協会相談役。 明治百美人(日本初の美人コンテスト)で、一等の末弘ヒロ子(妻の妹)を撮影している。

生年/出身: 1877 東京

開業年:

開業地、主要拠点: 東京(浅草)

師匠: 江崎 礼二

弟子: