江崎 礼忠(えざき れいちゅう)

本名は江崎忠造。 江崎礼二の養子となる。 明治 20 年、米国に留学し、ロサンゼルスで写真化学を、ニューヨークで写真術を、写真学校教授エルマ ンに写真技法を学ぶ。 明治 22 年、帰国。引伸機や万世不変色印画紙、透明写真ブロマイド、顕微鏡写真、夜間撮影機など新し い写真機材の発表会を開いた。 のちボンベイに渡る。

生年/出身: 1868

開業年:

開業地、主要拠点: 東京

師匠: 江崎 礼二

弟子: