小川 晴暘(おがわ せいよう)

本名は小川晴二。明治 41 年、有馬温泉で母の従弟・日野有三が営む日野写真館に暮らし、写真術を身につける。明治 43 年、画家を志し、上京。明治 44 年、写真師・丸木利陽に入門。明治天皇御真影調製係主任を務める。また、太平洋画会研究所にて洋画を学ぶ。大正 3 年、徴兵検査のため丸木写真館を辞す。丸木利陽の「陽」の字を貰うが、「暘」に変えて「晴暘」と名乗る。大正 7 年、文展(現・日展)洋画部に作品「雪解けの頃」で入選。 大正 7 年、大阪朝日新聞社編集局写真部に入社し、奈良に下宿生活を送る。大正 10 年、新聞社勤務の傍ら撮影した石仏の写真が会津八一の目にとまる。大正 11 年、歌人・美術史家・書家の會津八一と共に春日山の石仏群を撮影。大正 11 年、朝日新聞社を退職。
大正 11 年、奈良に仏像など文化遺産の写真を専門とする飛鳥園を創業。大正 11 年、浜田青陵・天沼俊一・源豊宗など美術史・建築史研究の第一人者たちが飛鳥園を訪れる。大正 12 年、會津八一が奈良美術研究会を創立。會津八一・安藤更生・板橋倫行らと共に室生寺に赴き、一週間写真撮影を行う。大正 13 年、日本を代表する日本美術史家、文学博士源豊宗の協力を得て飛鳥園に仏教美術社を設立。また、古美術研究専門の季刊誌『仏教美術』を創刊。昭和 14 年、中国大同の雲崗石窟の撮影に出発。写真撮影のほか、拓本やスケッチも行う。昭和 16 年、東京新宿の伊勢丹百貨店で「大同雲岡写真展」を開催。昭和 34 年、奈良県文化賞受賞。昭和 35 年、死去。 美術史家・小川光暘は次男。仏像写真家・小川光三は三男で、飛鳥園を継いだ。 後に飛鳥園からは、奈良国立博物館写真室の矢沢邑一、五味義臣、京都国立博物館の金井杜道ら文化財写真家が輩出されている。

生年/出身: 1894 兵庫(姫路市)

開業年: (大正 11 年)

開業地、主要拠点: 奈良(奈良市登大路町)

師匠: 丸木 利陽 日野 有三

弟子: 米田 太三郎