【古写真の調査後売却】戦後当時の日比谷花壇(芳梅園)

日比谷花壇

◆日比谷花壇
東京都港区に本社を置く花卉小売業者。「花とみどりを通じて、真に豊かな社会づくりに貢献する」を企業理念に様々な事業を展開する。同社はブライダルにおける空間演出やブーケをいち早く日本へ紹介し、花束贈呈やキャンドルサービスのシーンを導入したほか、業界に先駆けたお花の宅配システム導入、一般生花店をインターネットでネットワーク化し、個々の生花店の経営基盤や競争力の強化をサポートする新規ネットワーク事業などを行う。

1872年 – 東京都葛飾区堀切に庭園業を開始
1947年 – 日比谷花壇の前身である有限会社芳梅園を設立
1950年 – 日比谷公園店出店・12月に(株)日比谷花壇設立
1958年 – 宮内庁より吹上御所内の「かやの大木」移植工事を請ける。
1971年 – 『株式会社 日比谷花壇造園土木(現・株式会社 日比谷アメニス)』設立
1983年 – カタログによる通信販売を開始
1989年 – 昭和天皇の「大喪の礼」新宿御苑工事、明仁天皇の吹上御所内の「新御所庭園工事」など、造園管理・工事を請ける。
1990年 – 「EXPO‘90花の万博」に参画。パビリオンの装飾・演出を担当。
1995年 – インターネットにホームページを開設。オフィシャルショッピングサイト「hibiyakadan.com」にてフラワーギフトの販売をスタート。
1996年 – 阪神・淡路大震災の合同慰霊祭の会場装花・装飾一切を無償で寄贈。
2007年 – 上海日比谷花壇貿易有限公司設立、中国の上海へ進出
2009年 – 日比谷公園店をリニューアルオープン。2010年グッドデザイン賞を受賞。
戦後、東京の復興計画の一環として、当時の都知事より市民の憩いの場である公園に、海外の例を習ってフラワーショップを、と要請されたのが始まり。

アマゾン欲しいものリスト

写真師の情報収集やサイト運営につきましては、すべて無償で運営しています。
皆様の「amazonほしい物リスト」による支援を募っています。ご利用する皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。