木村 喜代次郎(きむら きよじろう)

不詳 。桑田正三郎の『桑の若苗』に、娯楽写真家の団体「浪華写真倶楽部」の創立は明治37年であり、砂川鷺城奥戸自得、薄雷山(薄恕一。著名な医師)、大西素洲横尾重之木村喜代次郎などが関わり、石井吉之助宅を会場として写場を設けたと記載されている。

生年/出身:

開業年:

開業地、主要拠点:

師匠:

弟子: