紺野 治重(こんの はるしげ)

紺野治重写真館台紙写真師

別名は紺野斎平。相馬藩士、勘定奉行であった。一刀流免許皆伝の資料が残る。勘定奉行として江戸詰めの時期もあった。箱館戦争の頃、松前藩主・松前崇広の招きにより函館に渡り、藩主の代筆や貿易を行った。この頃、スチルフリード( シュティルフリート)から写真技術を習得。明治4年、田本研造の開拓記録写真のための資材調達に尽力。明治 5 年、北海道開拓使に採用され開拓写真係となる。 明治 8 年、開拓使を退官。 明治 14 年、写真館「素彩堂」を開業。 明治 32 年、死去。 息子の紺野松次郎が継いだ。三代目紺野孝造は、昭和9年の函館大火で全焼したが後に再建。しかし第2次世界大戦により疎開のため写真館を閉じた。
なお、福島の写真師・田村鐡三郎は、親族が明治3年に函館で開業しており、親族の写真師にも学んだとされている。親族の写真師は特定できていないが、福島出身で明治初期に函館で写真師となった紺野治重と思われる。

生年/出身: 1827 福島(相馬郡)

開業年:

開業地、主要拠点: 北海道(函館恵比寿町)

師匠:

弟子: 三浦 喜八 小林 隙風 紺野 松次郎