高木 吉兵衛(たかぎ きちべえ)

慶応 3 年、松平慶永の家臣として京都に随行。明治維新後も竹屋町に住んでいた。三輪松兵衛に写真を学ぶ。明治元年、竹屋町で開業。のち蛸薬師角に移転。明治12年、西京人物志に寫眞師として記載されている。明治15年、死去。息子の高木庭次郎はまだ幼かったため、義弟で門弟の小谷荘次郎に継がせている。

生年/出身: 福井(越前国武生小川村)

開業年: 1868

開業地、主要拠点: 京都(竹屋町、蛸薬師角、下京區第六組蛸薬師寺町東)

師匠: 三輪 松兵衛

弟子: 小谷 荘次郎