高木 庭治郎(たかぎ ていじろう)

高木庭次郎の表記もある。写真師・高木吉兵衛の子。明治15年、父が死去したが、まだ幼かったため父の義弟で門弟の、小谷荘次郎が継いでいる。のち玉村康三郎の弟子として横浜で修業。神戸市三宮町三丁目十六番と、西町四十二番の2か所で玉村写真館を経営した。後に高木写真館と改称した。明治33年以降、コロタイプ写真集を、玉村写真館を発行所として、高木庭治郎の名義で刊行。

生年/出身: 京都

開業年:

開業地、主要拠点: 兵庫(神戶市三宮町三丁目十六番、神戶市西町四十二番)

師匠: 玉村 康三郎 高木 吉兵衛

弟子: