堤 董子(つつみ とうし)

堤 董子写真師

赤染業・堤彌兵衛の次男として生まれる。 本名は 堤徳三郎。 慶応 3 年(明治初年とも)、京都二條通新町に開業。 明治 12 年、西京人物志に堤德次郎の名が寫眞師として記載されている。 明治12年、京都の写真師による「同業親睦会」開催準備があり、吉田佐兵衛辻精一郎安平治角倉玄遠鎌田永弼舟田有徳酒井虎逸長谷川清之進、津田境(津田新太郎と同一人物か?)が参加している。
明治13年、1月9日、京都の写真師による第一回親睦会が円山左阿弥樓で開催され、市田左右太藤井圏蔵安平治橋垣**舟田有徳堤董子吉田佐兵衛長谷川清之進三品**酒井虎逸堀真澄津久間**角倉玄遠鎌田永弼辻精一郎小寺準之助成井頼佐(または成井秀廿)、堀内信重野田**桂氏丸が参加している。 明治 20 年頃、死去。嗣子が無く写真館は本家に因って処分された。

生年/出身: 京都

開業年: 1867

開業地、主要拠点: 京都(西京二條通新町之東佛光寺、上京區第二十八組二條新町東)

師匠:

弟子: