成井 頼佐(なるい らいすけ)

成井 頼佐写真師台紙鶏卵紙

対馬府中藩士。明治 4 年、父・成井秀廿が大阪道頓堀で写真業を開業するも、火災で家財を失った。 明治 6 年から明治 10 年頃、岡崎一直が学んでいる。 明治 12 年、京都宮川町に仮写場を設けた。 明治12年、京都の写真師による「同業親睦会」開催準備があり、吉田佐兵衛辻精一郎安平治角倉玄遠鎌田永弼舟田有徳酒井虎逸長谷川清之進、津田境(津田新太郎と同一人物か?)が参加している。
明治13年、1月9日、京都の写真師による第一回親睦会が円山左阿弥樓で開催され、市田左右太藤井圏蔵安平治橋垣**舟田有徳堤董子吉田佐兵衛長谷川清之進三品**酒井虎逸堀真澄津久間**角倉玄遠鎌田永弼辻精一郎小寺準之助成井頼佐(または成井秀廿)、堀内信重野田**桂氏丸が参加している。 のち祇園一樹櫻の下に移り、その後、京都八阪神社境内の鎌田永弼の写真館を譲り受けた。 養子の成井宗太郎を嗣子とし業を継がせだ。明治28年、第四回内国勧業博覧会に婦人茶席の図を出展。明治 35 年、死去。

生年/出身: 1858 長崎(対馬府中藩)

開業年: 1879

開業地、主要拠点: 京都(八阪社内)

師匠: 成井 秀廿

弟子: 岡嵜 一直 清水 清太郎 成井 宗太郎