小豆沢 亮一(あずきさわ りょういち)

小豆沢 亮一写真師台紙鶏卵紙

横山松三郎から写真術を学ぶ。 明治 15 年、油絵の具で写真を着色する「写真油絵法」を開発。 明治 17 年、京橋に開業。 明治 18 年、「写真絵および石版画の着色法」の特許取得。 明治 20 年、東京府工芸品共進会に人物や風景の写真に着色した写真油絵を出品。

生年/出身:

開業年: 1884

開業地、主要拠点: 東京(京橋三十間堀町)

師匠: 横山 松三郎

弟子: