古川 俊平(ふるかわ しゅんぺい)

古川 俊平写真師

福岡藩士。 父は福岡藩士・古川俊蔵。黒田家間鳥氏の家臣。 嘉永 7 年、藩主の命で、製薬術研究のため長崎留学をする。
安政2年(または安政3年)、長崎海軍伝習所でオランダ人ヤン・カレル・ファン・デン・ブルークから写真術を学んだ。嘉永 8 年、藩主を撮影。「2 個の半身像を得て、長薄公に奉る。」と伝記にあり、日本人が日本人によって 撮影された最初の銀板写真とされる。ただし、記録はあるが、現物は発見されていない。 安政 3 年、長崎に設立された藩の中島精錬所に出仕。 安政 4 年、藩主の御前でダゲレオタイプ(銀板写真)の撮影に成功。 安政 4 年、福岡藩江戸屋敷前霞ヶ関で、藩士の留学前記念写真を撮影。 安政 4 年、長崎に遊学し、蘭医ボードウィンに湿板法を学ぶ。また、蘭医ポンペやフランス人写真師ロシエに師事した。 この頃、ロシエが行った長崎風景の写真撮影を補助けている。 また松本良順、川野禎三に製薬法を学んでいる。 安政 6 年、福岡城内に舎密館付属写真室が設けられ、また、博多の那珂川支流の河岸の精錬所内に写真研 究所が設けられた。いずれも古川俊平が主宰となる。 しかし、廃藩とともに、成果品を残すことなく終了する。 万延元年、商業写真師ピエール・ロシエから写真術を学び、レンズ、薬品などの写真機材一式を譲られる。 明治 8 年、黒田長溥より写真機材一式を譲り受け、博多東中洲に写真館を開業。 のち、娘(古川タキ)の婿・古川震次郎(旧姓渡辺(有田とも))に家業を譲った。 明治 40 年、死去。

生年/出身: 1834 福岡(筑前国)

開業年: 1875

開業地、主要拠点: 福岡(博多東中洲)

師匠: 松本 良順

弟子: 古川 震次郎