松浦 幸陽(まつうら こうよう)

本名は松浦市郎右衛門。 明治 34 年頃、名古屋の中村写真館(海部幸之進)に入門。 明治 45 年、愛友写真倶楽部に入会。 明治 45 年、東京写真研究会の第三回研展に出品。 大正 7 年、小西六主催修の整原板懸賞競技で 2 等賞。 大正 9 年、愛友展の審査員(以降毎年)。 大正 10 年、「愛友画集第四輯」の編集兼発行を担当。 大正 11 年、愛友写真倶楽部の益子愛太郎、榊原青葉と合資で松浦幸陽写真館を開業。 昭和 3 年、第 18 回研展審査委員。 昭和 4 年、愛友写真倶楽部顧問。

生年/出身: 1891 愛知(丹羽郡池之村)

開業年: (大正 11 年 )

開業地、主要拠点: 愛知(名古屋市南桑名町)

師匠: 海部 幸之進

弟子: