海部 幸之進(かいふ こうのしん)

海部写真師名古屋

明治34年、門人に松浦幸陽がいた。明治 36 年、名古屋・中村牧陽の「中村写真館」を継ぐ。次男の海部誠也が跡を継いだ。 海部誠也の子に海部俊樹元総理大臣がいる。長男(海部安昌)は東京高等裁判所部長判事次などを勤めた。長女(海部静)は小野恒彰の妻になった。
海部幸之進の父は海部昂蔵(1850年-1927年)といい、尾張徳川家の家職であった。海部昂蔵は弟の海部荘蔵ら兄弟と養鶏業を営み、名古屋コーチンの元となる海部種を開発。弟らに養鶏業を任せ、明治15年から、同家の開墾場が置かれた北海道・八雲村で開拓代表委員となり指導にあたった。1900年から1904年まで私立明倫中学校初代校長。明治36年12月19日から大正3年5月1日まで、尾張徳川家の家令、同年から同家の御相談人を務めた。

生年/出身: 愛知(尾張藩)

開業年:

開業地、主要拠点: 愛知(名古屋)

師匠: 中村 牧陽

弟子: 三國 庄次郎 海部 誠也 松浦 幸陽