荒川 髙春(あらかわ たかはる)

写真師・荒川髙春

父は江戸京橋五郎兵衛町(京橋三十間堀七丁目とも)の湯屋、大島屋九十。 母は御数寄屋同心・荒川三之丞の娘、八重(八百とも)。 二人兄弟の長男として生まれる。本名は長吉。 豊原国政の名で浮世絵師(押絵屋)として活動を開始。 弟(豊原國周、通称・荒川八十八)は浮世絵師として大成している。 明治 13 年、写真業を開業。下岡蓮杖江崎禮二等と親交があったという。 のち、荒川兆江永が写真業を継承。

生年/出身: 東京(江戸京橋五郎兵衛町) *京橋三十間堀七丁目とも

開業年: 1880

開業地、主要拠点: 東京(麻布區芝森元町三丁目、東京麻布区芝荒川)

師匠:

弟子: 荒川 兆江永 津島 力