有賀 乕五郎(ありが とらごろう)

明治 41 年、ロシア、ドイツに留学し、写真技術やレントゲンを学ぶ。 また、大学の研究室ではカラー写真の開発研究を行った。 大正 3 年、帰国。 大正 4 年、東京銀座に写真館を開設。 大正 14 年、門弟に伊藤真乗(宗教家、真如苑の開祖)、今岡道雄(今岡次郎が備中井原市に開業した写真館の三代目。岡山県倉敷市鶴形、今岡写真館)等が いたという。大倉喜七郎、マッカーサー夫人と令嬢、茅誠司、佐藤春夫、佐藤栄作などが利用した写真が残っている。

生年/出身: 1891 福島(東村、白河市東))

開業年: (大正 4 年)

開業地、主要拠点: 東京(銀座7丁目)

師匠:

弟子: 伊藤 真乗