森山 浄夢(もりやま じょうむ)

森山 浄夢写真師台紙鶏卵紙

守山浄夢という表記もある。慶応2年、京都に写場を開いたといわれる。明治 3 年、西洋人から写真機を購入し研究。 のち東京・青山に野天の写場を開く。明治 5 年、赤坂田町の大名屋敷跡に開業。明治13年(15 年とも)、引退し息子・森山与一郎が引き継ぐ。

明治8年の東京名士番付『大家八人揃』(東花堂)に「清水東谷横山松三郎内田九一守山(森山)浄夢加藤正吉北丹羽(北庭)筑波小林玄洞」の名がある。
同姓同名、同時代に、狂言師として名前が残っているが、同一人物か特定できていない。(明治19年、狂言シテ 能楽堂主催能組-鏡男-森山浄夢)

生年/出身:

開業年: 1866(明治 5 年 )

開業地、主要拠点: 京都、東京(赤坂田町、赤坂桐畑)

師匠:

弟子: 森山 与一郎