屋須 弘平(やす こうへい)

一関藩の蘭学者・屋須尚安の子として生まれた。父から蘭学を学び、青年期に医学、天文学、漢学、スペイン語、フランス語を身に付ける。 文久 3 年、上京して漢学と医学を修めた。 のち、故郷(岩手県藤沢町)を離れ、横浜でフランス人・エームリエから医学、天文学を学ぶ。 明治 7 年、メキシコ科学調査隊に通訳として雇われたことで、メキシコへ渡り天文学を学ぶ。 のち、グアテマラに移住し写真技術を身に付け、写真館を開く。 明治 16 年、キリスト教の洗礼を受け、ファン・ホセ・デ・ヘスス・ヤスと名乗る。 明治 22 年、帰国して東京・築地で写真館を開いた。 明治 22 年、後の首相・高橋是清に誘われスペイン語通訳としてペルーに渡る。 ペルーからの帰路、グアテマラで 1 人下船し、再びグアテマラで写真館を開いた。 明治 24 年、現地女性(マリア)と結婚。 明治 28 年、グアテマラの古都アンティグアに移住し移転。 大正 6 年、死去。 昭和 51 年、アンティグア市で大地震が発生。写真原板数百点が発見された。

生年/出身: 1846 岩手(一関市藤沢町) *陸奥国とも

開業年: 1889

開業地、主要拠点: 海外(グアテマラ)、東京(築地)

師匠:

弟子: