矢川 ミキ(やがわ みき)

矢川 ミキ写真師台紙鶏卵紙

台紙に「矢川美喜」「矢川みき」「矢川幹」の表記がある。弘前の事業家の二女。矢川れんの妹。明治 4 年、近所に田井晨善の写真館が開業された。 そこで姉妹ともに学ぶ。 明治 14 年、弘前で姉妹で矢川写真館を開業。 姉妹写真師が経営する写真館として話題を集めた。のち分家して M 矢川写真館を開業し、閃光機による夜間撮影を始めた。姉は一人で 矢川写真館の経営をした。 昭和 20 年、死去。
夫の岩川友弥(のち矢川友弥)は津軽狩野派の継承者・外崎鶴幼に絵画を学び、写真師の矢川ミキと結婚し、写真術を学んだ。

生年/出身: 1869 青森(陸奥国弘前)

開業年:

開業地、主要拠点: 青森(弘前市下白銀町)

師匠: 田井 晨善

弟子: 矢川 友弥