山岡 松子(やまおか まつこ)

山岡鉄舟の娘、山岡松子写真師

中島待乳の門人として名が残る。父は著名な剣士・山岡鉄舟。長女として生まれる。 幼いころから竹刀を持ち道場で山岡無刀流の修行をした。 のち、写真師と結婚したが死別。 東京日日新聞社会部の「戊辰物語」を編著。 昭和 19 年、死去。墓所は全生庵(東京都台東区谷中5-4-7、山岡鉄舟が徳川幕末・明治維新の際、国事に殉じた人々の菩提を弔うために明治16年に建立した寺院)。晩年は全生庵に住んでいたとも伝わる。
結婚した写真師については特定できていない。
山岡鉄舟の門下である石坂周造(慶応4年山岡鉄舟預かりの身となっている幕末の志士)の子・石坂宗之助は、山岡松子と結婚し山岡宗之助となっている。初期の資料では「山岡松子の養父」という表記があるが、後期の公的資料『人事興信録・第4版』の山岡直記の箇所に「 姉 まつ 宗之助妻」と書かれている。ただし、写真師であったという明記はない。宗之助はアメリカに 7 年間留学し、明治 15 年、小嶋良太郎・佐藤文作と内務省石油試験取調局御用掛になった人物で、 明治21年、33 歳で死去している。

生年/出身: 1862

開業年:

開業地、主要拠点: 東京

師匠: 中島 待乳

弟子: