中島 待乳(なかじま まつち)

本名は中島精一。幼名は中島助次郎。 中島清兵衛の二男として生まれる。 文久年間、オランダ船が漂着した際、乗組員の懐中時計に貼られた写真を見て、興味を持った。 元治元年、父により丁稚奉公のため江戸に連れ出されたが、拒んで帰郷した。 慶応 3 年、南画家・中林湘雲が銚子に来訪した際入門し、江戸に出た。 日本橋区本町穂積屋・清水卯三郎から漢訳の写真書を入手。 福地源一郎にレンズ製造法を教わり、漢訳の写真書を翻訳してもらう。 また京橋区竹川町の眼鏡商・玉屋松五郎にレンズ研磨法(構成法)を学んだ。 明治元年、吉原で試験撮影を開始。 明治元年、火事により機材が全焼。 明治元年、横山松三郎に師事し、修正術・採光法を学んだ。 なお、待乳の号は横山松三郎が浅草名勝待乳山に因んで付けたとされる。 明治 5 年、陸軍省や山城屋に勤めた後、玉屋に住み込み、レンズ・写真機の自作に成功。 明治 6 年、玉屋松五郎が死去。 明治 7 年、浅草区材木町に写真館待乳園を開業。 明治 9 年、横浜から浅草に移っていた下岡蓮杖のもとを訪れている。下岡蓮杖は横浜で使っていた写真機などを中島待乳に与えたという。 明治 10 年頃、幻灯機の製造を試み、手品師・帰天斎正一等から注文を受けた。 明治 10 年、第一内国勧業博覧会で褒賞受賞。 明治 13 年、秋尾園と結婚。 明治 13 年、教育博物館長・手島精一が師範学校等の教材として幻灯の導入を推進。 その際、鶴淵初蔵と共に製造を請け負う。 明治 14 年、第二回内国勧業博覧会では人像カーボン印画を出品し有効賞。 明治 19 年、幻灯機の改良を重ね、ライムライトを用いた「水酸瓦斯機械」を発明。 また、画家の妻・松尾園とともに種板の制作に力を入れた。明治 21 年、甥の宮内幸太郎が上京して中島待乳に写真を学んでいる。明治 23 年、第三回内国勧業博覧会では写真及幻燈器、幻燈映画等一式を出品し有効賞。 明治 27 年、日本橋区呉服町一丁目 1 番地に移転。 明治 40 年、第六回内国勧業博覧会審査員。 明治 44 年、全国写真大会発起人総代。東京写真師組合顧問役。 晩年は牛込区弁天町に住んだ。 昭和 13 年死去。多磨霊園に葬られた。 甥・秋尾勲(秋尾新六の次男、のち中島待乳の養子)は、陸軍工兵大尉として航空写真に従事していた。

生年/出身: 1850(嘉永元年、6 年とも) 千葉(下総国銚子)

開業年: 1874

開業地、主要拠点: 東京(東京市日本橋區呉服町壹番地)

師匠: 横山 松三郎 玉屋 松五郎

弟子: 田中 隅田 浅井 其三郎 田和 峯次郎 野島 隆次 田邊 君太郎 宇田川 忠義 加藤 正吉 山岸 彦三郎 麻生 嘉一 成瀬 啓次郎 森金 鼎一 中島 さと 中島 岩次郎 羽﨑 一夫 宮内 さえ 三宅 貞輔 山岡 松子 佐藤 里次 佐藤 福待 桑子 經次 坂根 勝一 丸山 藤市 橋本 良知 井岸 泰勝 中坪 政衛 鈴木 定次 黒田 光子 多田 源亮 秋尾 新六 多田 經次 北山 勢以 筒井 守藏 山本 讃七郎 小泉 道太郎 宮内 幸太郎 小菅 仲 水野 角蔵 岡 靖一 浅井 藏之助