山際 長太郎(やまぎわ ちょうたろう)

山際 長太郎写真師台紙鶏卵紙

明治 11 年、明治天皇の巡幸に随行している。 明治 13 年頃、内田九一の妻・内田おうたは、蛎殻町の米商人島田慶助と再婚。その際、内田九一の門人であっ た山際長太郎を伴って大坂順慶町三丁目へ出店した。おうたの養子・内田總一は二代目・内田九一を名乗った時期がある。明治 14 年、北庭筑波が内田九一の名を残すため、浅草の旧写真館を買い取り「旧内田舎」と名付け再業。 明治 18 年、北庭筑波の「旧内田舎」廃業。 明治 22 年頃、山際長太郎の「内田写真館」廃業。

生年/出身:

開業年: 1880

開業地、主要拠点: 大阪(大坂順慶町三丁目)

師匠: 内田 九一

弟子: