山田 真柳(やまだ しんりゅう)

堀如柳の後継者となる。 明治初年、東京・京橋八官町に開業。 江崎礼二に新技法を学んでいる。 のち浅草六区に移転。絹地写真、陶器焼付け写真などを発明。 写真師救済会、写真協和会などを組織した。明治30年ごろに息子の山田小柳が継いでいる。明治 41 年、死去。

生年/出身: 1851

開業年: 1868(明治初年 )

開業地、主要拠点: 東京(京橋八官町)

師匠: 江崎 礼二 堀 如柳

弟子: 二見 朝隈(初代) 山田 小柳