大野 昌三郎(おおの しょうざぶろう)

宇和島藩下級藩士。宇和島藩士・斎藤家の三男に生まれる。兄に斎藤丈蔵がいる。徒の大野家を継いだ。嘉永 4 年、分限帳に四人分(内一人分け足高)九俵と記載されている。 柔術にすぐれ、弘化2年、宇和島藩の武術大会に出場している。嘉永元年、高野長英が宇和島に来た時、谷依中・土居直三郎と共に蘭学を学ぶ。 嘉永 2 年、京都・大坂への遊学を命じられる。 長崎でオランダ通詞・森山栄之助にも学んだ。 嘉永 6 年、宇和島を訪れた大村益次郎にも学んだ。嘉永6年、村田蔵六が宇和島を訪れた際に、三瀬周三(シーボルト最後の弟子で、のち楠本イネの娘・楠本高子と結婚)とともに学んでいる。文久 3 年、脱藩(隠居)し、民間で蘭学研究に従事。 元治元年、楠本イネと楠本高子を伴って宇和島に帰郷している。慶応 3 年、独学で写真術を覚え、息子(大野悪鬼三郎・1862年生)を撮影。初期の今治吹上城の写真などが残る。明治 5 年頃、楠本イネから写真術を伝授されている。明治6年、小野義真(内務省土木頭)に招かれ、「準奏任御用掛、土木寮勤務、月俸百円」の辞令のもとに、蘭書翻訳に従事する厚遇新政府に出仕したが、間もなくして辞職し、宇和島に戻った。明治 13 年、死去。墓は宇和島の泰平寺。

生年/出身: 1862 愛媛(宇和島)

開業年:

開業地、主要拠点:

師匠:

弟子: