【古写真の調査後売却】津市・三重県庁

三重県庁鶏卵紙写真

◆三重県庁
日本の地方公共団体である三重県の行政機関(役所)である。本庁舎及び全県的な行政の執行機関は、三重県津市にある。後述するように、三重県知事であった北川正恭の改革により、課は置かれていない時期があった。
明治4年11月22日(グレゴリオ暦:1872年1月2日) – 三重県の前身である安濃津県(あのつけん)・度会県(わたらいけん)が誕生。
明治4年12月25日(グレゴリオ暦:1872年2月3日) – 津大門町の本陣[注 1]を安濃津県の仮庁舎とする。
明治5年3月28日(グレゴリオ暦:1872年5月5日) – 四日市陣屋に庁舎を移転する。県名を県庁所在地の三重郡四日市に合わせて三重県に改称する。
1873年(明治6年)12月10日 – 津県学校講堂(旧津藩校・有造館)に庁舎を移転する。
1876年(明治9年)4月18日 – 三重県が度会県を編入し、現在の三重県が発足。

アマゾン欲しいものリスト

写真師の情報収集やサイト運営につきましては、すべて無償で運営しています。
皆様の「amazonほしい物リスト」による支援を募っています。ご利用する皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。