小野 為八(おの ためはち)

小野為八

長州藩医。名は小野正朝、号は小野等魁。 長州藩医(眼科医)・山根文季の長男。山根文季の父は矢原の眼科医・重宗良策。 藩医の小野春庵の養子となった。ただし医師の道には進まなかった。 天保 15 年、吉田松陰に兵学を学ぶ。 安政 2 年、父とともに相模国沿岸警備の任に就き、その傍らで西洋砲術を学ぶ。 万延元年、長崎留学中に写真術を習得。 万延元年頃、中島治平が写真師となる小野為八、山本伝兵衛らを教育している。 文久元年、長州藩主・毛利敬親を撮影。 文久 3 年、下関戦争で、軍艦・癸亥丸に乗船して砲戦を指揮。また奇兵隊結成に加わり、砲術指南を担う。 慶応元年、長州藩諸隊の鴻城隊・砲隊長。 慶応 2 年、長州征討で砲隊を指揮。 明治元年、整武隊で大砲司令を務めた。 明治維新後、科学者としてバター製造や写真術に携わった。 明治 23 年、黒住教に入信し、布教活動も行っている。 明治 40 年、死去。墓所は海潮寺。 雲谷派の絵師でもあった。

生年/出身: 1829 山口(萩、香川津)

開業年:

開業地、主要拠点: 山口(長州)

師匠: 中島 治平

弟子: