柏木 忠俊(かしわぎ ただとし)

通称は柏木総蔵。ほかに柏木惣蔵、柏木荘蔵など。 中浜万次郎が江川家に滞在した折に写真術を習う。 代々、江川太郎左衛門家の手代を務めてきた父・柏木平太郎の三男として生まれる。 天保 8 年、伊豆韮山の江川太郎左衛門英龍(江川坦庵)に使え中小姓兼書役見習となる。 天保 12 年、手代(公事方)となる。 弘化 3 年、江川太郎左衛門英龍に随行して伊豆七島を巡察。 嘉永 6 年、江戸周辺・防備地を視察。 安政元年、長崎でオランダ人から造船、航海術、砲術を学ぶ。 江川太郎左衛門英龍の没後は遺志をついでその子・江川英敏を、 江川英敏没後はその弟・江川英武を補佐して領内 の経営に当たった。 慶応 2 年以降、領内各地に農兵小隊をおいた。 慶応年間、韮山反射炉の写真を撮影。 明治維新後、韮山県大参事、足柄県令を歴任。 明治 11 年、死去。

生年/出身: 1824 静岡(伊豆国韮山)

開業年:

開業地、主要拠点:

師匠:

弟子: