梶原 琢磨(かじわら たくま)

修猷館で学んだ。 明治 26 年、アメリカに移民。シアトルで写真術を学んだ後、セントルイスで写真のスタジオを開く。 「タクマー・レンズ」の開発に当たる。 のちに油彩画家に転向。肖像画を中心に制作。セントルイス・アーチスト・ギルドで度々受賞。 大正 15 年、カンザス・シティー美術館から銀メダル。 昭和 10 年、ニューヨークに移る。 昭和 21 年、ザブリスキー賞。 昭和 23 年、アメリカ美術家連盟から金メダル受賞。 昭和 31 年、ニューヨークで死去。 画家の梶原貫五は縁者。

生年/出身: 1876 福岡

開業年:

開業地、主要拠点: 海外(アメリカ・セントルイス)

師匠: 三苫 利三郎

弟子: