工藤 利三郎(くどう りさぶろう)

工藤 利三郎

別名は工藤精華。 東京で警察に就職後、川路利良(のちに日本警察の父と呼ばれる官僚)の下で西南戦争に従軍。戦後、徳島の藍商・坂東家の東京支店に勤務。明治11年、古画鑑賞会に加わり、写真班として古書画の撮影に従事して写真術を学ぶ。 日本の古画、美術品が盗まれ、外国人に売り飛ばされている現状を知り、文化財を写真に記録しようと志す。 明治 16 年頃、帰郷し、徳島にて営業写真館を開業。明治 26 年、奈良猿沢池東畔に移住し、古美術・古建築専門の写真館「工藤精華苑」を開業。法隆寺の学僧の佐伯定胤との交流をきっかけに、古社寺保存法の施行による寺社建築や仏像等の証明写真、奈良帝室博物館の開館によるおみやげ写真等の需要が増えた。同郷の歴史学者・喜田貞吉や、岡倉天心などと親交があった。 明治 41 年、大正 15 年までかけて大型写真集『日本精華』(11巻)を小川一真のコロタイプ印刷にて出版。 日本美術の普及に貢献し、古美術写真家として評価を得た。 昭和 4 年、奈良にて死去。 没後、ガラス原版の一部が奈良市に引き取られ、現在は入江泰吉記念奈良市写真美術館に保存され国の有形文化財に指定されている。

生年/出身: 1848 徳島(阿波国麻殖郡西尾村飯尾)

開業年: 1883(明治 16 年頃 )

開業地、主要拠点: 徳島、奈良(猿沢池東畔)

師匠:

弟子: