汾陽 助左衛門(かわみなみ すけざえもん)

名古屋で写真術を研究していた時期がある。薩摩藩長崎重役の汾陽次郎右衛門(汾陽光遠)の関係者と思われるが特定できていない。汾陽次郎右衛門は、慶応2年福井に交易交渉に赴いており、五代友厚、坂本龍馬、グラバーとも交流があった。汾陽家は、永禄2年に明国から来日し、代々島津家に仕えた家柄。

生年/出身: 鹿児島

開業年:

開業地、主要拠点:

師匠:

弟子: