小泉 俊太郎(こいずみ しゅんたろう)

本名は小泉直三郎。 安政 2 年、大阪、米仲買商・葛城徳兵衛三男、小泉俊斎の養子となる。文久 2 年、大阪・堂島で初めて写真を撮影されたのがきっかけで写真術を志す。 京都舎密局や粟田療病院で外国人から医術や製薬法を教わった後、写真館を開業せずに五条坂の寺院で製 薬業を開業。薬品材料や書籍などの輸入・販売も手がけた。のち京都薬科大学創立。 兄は写真師・葛城思風、養子弟に写真師・片山精三。 孫に京大名誉教授・小泉直一。

生年/出身: 1855 大阪(堂島)

開業年:

開業地、主要拠点: 京都

師匠:

弟子: 葛城 思風