高峰 精一(たかみね せいいち)

慶応 3 年から明治元年にかけて、14 代藩主・前田慶寧が浅野川河畔の現常磐町から卯辰山帯にかけて、大規模な開発が行われた。その一画、舎密局の横、玉免ケ丘に「写真局」と称した施設が設けられた。写真局は明治 4 年まで存続している。 舎密局の責任者には高峰精一、係員に吉田好二旗文次郎遠藤虎次郎丘村隆桑の名が残っている。

生年/出身:

開業年:

開業地、主要拠点: 石川

師匠:

弟子: 旗 文次郎 遠藤 虎次郎 丘村 隆桑