立花 芳斉(たちばな ほうさい)

別名は立花蔭隆。長崎で上野彦馬に写真を学んだという。帰郷し総曲輪で開業するが振るわなかった。のち、郷里の越中(富山県)高岡片原町の医師・山本一覚のもとに住み込む。その後に総曲輪へ戻り、米国速写法を用いて成功したという。 なお、山本一覚は金沢藩校明倫堂、江戸昌平黌で儒学、小石元瑞、シーボルトに医学、頼山陽に詩文を学び医師になった山本道斎の弟。

生年/出身: 富山(高岡片原町)

開業年: (明治20年頃)

開業地、主要拠点: 富山(総曲輪)

師匠: 上野 彦馬

弟子: