田村 鐡三郎(たむら てつさぶろう)

田村 鐡三郎写真師台紙

父は三春藩士・田村喜平。3男として生まれる。
明治 3 年、はじめ田村鐡三郎の親族が函館で開業したという。親族の写真師は特定できていない。
親族からも学んだ形跡があるが、のち、上京し、鈴木真一にも学んでいる。
明治12年頃、姉が福島の稲荷神社神官・丹治経雄(天保12年~明治41年)に嫁いだのを機に、福島町で開業した。 丹治経雄は福島新聞の創業者であり、松江山人の孫。安政3年に江戸へ出て卜部流の神道を学び、明治3年に黒川眞頼に皇典和学を学ぶ。和歌は海上胤平の流を汲み、長歌を得意とし又能書家であったという。のちに印刷器、活字機器を横浜で購入し、既に写真師として活動していた田村鐵三郎を技師として招き、福島新聞の礎が築かれた。

明治15年、自由民権運動の中、福島事件が起き、田村鐵三郎は井上康五郎(客自軒の主人・井上嘉兵衛の長男、遊廓主で十手を預かる俠客・浅草宇一郎の養子)とともに逮捕されている。

生年/出身: 1859 福島(三春藩、田村郡三春町)

開業年: 1868(明治初期 )

開業地、主要拠点: 福島(福島町公園)

師匠: 鈴木 真一(初代)

弟子: