長尾 玉甫(ながお ぎょくほ)

長尾 玉圃写真師台紙鶏卵紙

長尾玉圃という記載もある。本名は長尾義賢。実家は寺であるというが場所が特定できていない。
上京して玉翠館(氣賀秋畝)に入門。のち柴田常吉のスタジオに入った。その後、九里鑑弥は東京で開業していた長尾玉圃を長岡に誘い開業させている。のち独立し長尾写真館を開業。紫翠館という館名も残っている。石塚三郎と「中越写友会」を結成。市会議員を経て、宮内省の嘱託となり、御大礼写真の謹写にあたる。

生年/出身: 1882

開業年: 1893

開業地、主要拠点: 新潟(長岡東坂之上町、長岡町新道)

師匠: 柴田 常吉 氣賀 秋畝

弟子: