柴田 常吉(しばた つねきち)

柴田常吉写真師台紙

明治 20 年頃、上京し、京橋南伝馬町の写真石版店・山瀬庄三郎に奉公し写真術を習得。 光村利藻の経営する店舗で写真館技師。 明治 26 年、赤坂溜池で写真館を開業した。 明治 27 年、第二本写真品評会会員。 明治 30 年頃、小西写真機店で活動写真撮影に従い初期の映画界に貢献した。 明治 31 年、明治 32 年にかけて東京の風景など数編を試作した。 明治 32 年、日本発の劇映画「稲妻強盗の捕縛」を撮影。 明治 32 年、9 代目市川団十郎・五代目尾上菊五郎出演の歌舞伎「紅葉狩」を撮影。 これは現存する最も古い日本映画とされる。 明治 33 年、中国で義和団事変が起こり、博文館写真班として日本軍に随行し、深谷駒吉とともに吉澤商店によって派遣され、記録映像を撮影。 明治 39 年、北清事変に従軍、日露戦争にも博文館写真班として撮影。三越写真部技師長も務めた。 日本美術写真印刷所の創始者。 昭和 4 年、死去。

生年/出身: 1870 愛知(三河国豊橋)

開業年: 1893

開業地、主要拠点: 東京(赤坂溜池、東亰市赤坂見附下)

師匠: 山瀬 庄三郎 光村 利藻

弟子: 長尾 玉圃 内田 利重 山浦 翠村