浅沼 藤吉(あさぬま とうきち)

浅沼 藤吉

元治元年、江戸に出る。 日本橋の薬問屋を出てから写真館相手に湿板写真の薬品の行商を行っていた。 明治 4 年、日本橋呉服町に日本初の写真材料店を開業。 北庭筑波の紹介により内田九一清水東谷横山松三郎など、著名な写真師の存在を知る。 明治 8 年(9 年とも)、王子製紙の協力により写真台紙の国産化を進める。 明治 10 年、京都支店を開設。 明治 11 年、大阪支店を開設。 明治 14 年、宮内省御用となる。 明治 17 年、技術習得のため米国留学させていた吉田勝之助の帰国を待ち、平河町に東京乾板製造会社(浅 沼商会)を設立。 のち、日本橋区本町に本店を移転。小西屋六兵衛店(現コニカミノルタ)は 1 軒挟んだ隣同士であった。 昭和 4 年、死去。長男の淺沼東吾(明治九年生まれ)家督を相続する。

生年/出身: 1853 千葉(安房国長尾村滝口)

開業年: 1871

開業地、主要拠点: 東京(日本橋呉服町、日本橋区本町)

師匠:

弟子: 角田 吉三郎 吉田 勝之助