松林 康平(まつばやし こうへい)

佐賀藩士・松林源蔵の長男・松林公一の子。写真師・松林一十は父の弟にあたる。 佐賀の松林写真館(松林一十)に学び、のち上京して浅草で松林堂を開業。 明治中期頃、角田吉三郎は松林康平の写真版権を取得し、販売した。

生年/出身: 佐賀

開業年:

開業地、主要拠点: 東京(浅草 6 区)

師匠: 松林 一十

弟子: