村上 天真(むらかみ てんしん)

朝鮮写真師村上天真台紙

本名は村上幸次郎。 少年時に写真術を学んだという。 明治 27 年、陸軍として、平壌の激戦に加わる。のち新聞特派写真師となった。 明治 30 年、さらに渡来したが休戦により、京城南山生影館に写真館・天真堂を開業。 明治 34 年、京釜線踏査の際に呼ばれ各地を撮影。 李氏朝鮮の第 26 代王・高宗の妃・閔妃の写真を撮影したとされており、スパイとなって閔妃の暗殺に関 わったとされるが、事実かどうか不明。 「朝鮮京城 天真堂」の台紙で京城歳構想図という写真が現存している。 朝鮮在住内地人実業家人名辞典(朝鮮実業新聞社)などに名が残っている。

生年/出身: 1867

開業年: 1897

開業地、主要拠点: 海外(朝鮮京城)

師匠:

弟子: