山脇 鋭郎(やまわき えつろう)

明治 8 年頃、山田境(本名・津田新太郎)が学んでいる。

同姓同名、同時代、同地域に法学(弁護士)として活躍した人物がいるが、同一人物かどうか不明。弁護士の山脇鋭郎は、安政3年8月、播州姫路出身、兵庫県士族。18歳で藩命により上京しドイツ語などを学んだが病気のため帰郷。再び上京し草創期の明治法律学校に学ぶ。明治14年、自由党創立に参加。のち離籍し、憲政党に入る。

生年/出身:

開業年:

開業地、主要拠点: 東京(上野黒門町)

師匠:

弟子: 山田 境 津田 新太郎