若林 耕(わかばやし こう)

明治 6 年、儒家・鉞田梧桐の子として生まれる。幼名は 鉞田久。若林久と記載された書物もある。明治 22 年、大阪へ出て、若林耕化に写真術を教わる。 明治 29 年、若林耕化の娘婿となり獨立軒(独立軒)を継承。支店は若林耕化の兄・花淵為介の息子(花淵正美)が運営した。明治 37 年、内国製産品評会審査員。 明治 38 年、満州軍総司令部凱旋の夜間撮影に際して両将軍(大山巌・児玉源太郎)から感状を受けた。 明治 41 年、第二回内国勧業博覧会審査員。

生年/出身: 1873 愛知(尾州春日井郡)

開業年:

開業地、主要拠点: 大阪(大阪市京町堀三丁目)

師匠: 若林 耕化

弟子: