和田 猶松(わだ なおまつ)

明治元年頃、暗室を担ぎ京阪神から東海道を巡行し、東京、日光まで撮影をして、写真を販売していた。 明治2年頃、大阪で開業。 のち新町橋東詰に移住したという。 息子に和田奈良松(古写真収集家)がいる。

生年/出身:

開業年:

開業地、主要拠点: 大阪

師匠:

弟子: 中川 信輔