遠藤 陸朗(えんどう りくろう)

別名は遠藤虎吉、遠藤寛典。遠藤家は仙台藩の武士で洋式銃隊・額兵隊に属しており、楽隊改役、差図役喇(口八)を歴任した家系。 父、兄共に仙台藩の医師。 戊辰戦争で新政府軍と戦うが、敗れて函館戦争にも参加した。 函館で写真技術を学んだとされているが、確定できる資料はない。 明治 9 年、仙台で写真館を開業。 明治 21 年、磐梯山噴火の際、被害状況を撮影した一組(28 枚)の「磐梯山破裂写真」を販売した。 明治 27 年、日清戦争に従軍し、戦況を撮影。 明治 28 年、戦勝記念写真帖刊行。 明治 35 年、仙台・立町にあった自らの写真館を廃業し、台湾・台南に移り写真館を開く。 大正 3 年、台湾・台南で死去。 死後も兄弟や弟子によって写真館は継続された。 大正 9 年、近所の砂糖問屋で働く青年(後の写真家・木村伊兵衛)が写真館に通い始め写真を学ぶ。 遠藤誠は弟。

生年/出身: 1845 宮城(仙台藩)

開業年: 1876

開業地、主要拠点: 宮城(仙台市立町)

師匠:

弟子: