高谷 由起(たかたに ゆき)

高谷 克三郎写真師台紙鶏卵紙

高谷克三郎の妻。本名は高谷由幾といい、父は長州藩医・高谷健齋。長女として生まれる。高谷由起という名で写真師として活動している形跡がある。
明治20年、栗田克三郎(のち高谷克三郎)を婿養子として婚姻。
明治20年頃、高谷克三郎は京都寺町通松原に開業。のち、長男・高谷健三が継いだ。また長女・高谷静尾は二条河原町の分館を経営し、主に女性の撮影を行っている。

生年/出身: 山口(長州藩)

開業年: (明治 20 年頃 )

開業地、主要拠点: 京都(寺町通松原)

師匠: 高谷 克三郎

弟子: 高谷 静尾 高谷 健三