戸田 三弥(とだ さんや)

戸田 三弥写真師台紙鶏卵紙大垣藩

写真術を研究していた時期がある。 大垣藩家老。戸田権大夫家第7代。通称は戸田権之助。諱は戸田寛鉄。父は戸田章鉄。子は戸田三五郎。初代藩主戸田氏鉄の七男・戸田利鉄を初代とする。天保5年、初出仕。天保13年、父の隠居により家督と知行1000石を相続。慶応2年、第二次長州征討に藩兵を率いて出陣。家老本役となり300石の加増を受ける。明治元年、戊辰戦争において、大垣藩が東山道先鋒の命を受けると、藩軍事総裁として藩兵を率い、東北で戦った。明治2年、大垣藩が戊辰の功績により賞典禄3万石を受けた際に、1000石の加増を受け2300石となる。明治2年、新政府に出仕、造幣局允。明治3年、鉱山大佑。明治3年、官を辞して帰郷。明治11年、第百二十九国立銀行(大垣共立銀行)創立の発起人、取締役となる。明治24年、濃尾地震により死去。明治42年、贈正五位。

時期は不明だが、久世治作は戸田藩江戸家老・戸田権之助(戸田三弥)や本草学者・飯沼慾斎らの援助を受け、写真術を研究している。写真術関係書やレンズをフランス公使から手に入れ、久世治作に贈った記録がある。なお、それらの写真術関係書を参考に、文久3年、伊勢津藩の薬種商・浜田屋の生川正香は、伊勢松坂の小島新蔵を経由し、久世治作に写真術を学んだことにより、「 鳥眞藥剰聞取書」を発刊した。

生年/出身: 1822 岐阜(大垣)

開業年:

開業地、主要拠点: 岐阜(大垣)

師匠:

弟子: 久世 治作